放射線科

放射線科のご紹介

放射線科では、X線や磁気を利用した機器を使用して、患者様の胸部や腹部、全身の骨などの画像を作り、診断や治療に役立たせています。
撮影室は大型装置があるため、ちょっと「コワイ」感じがしますがトテモ大切な部門です。

診療内容

当病院では、全身にわたるさまざまの医療用画像を得るため、次のような装置を備えています。

一般撮影装置 2台
X線テレビ 2台
骨密度測定装置 1台
手術室透視装置 2台
ポータブル装置 1台
CT 1台
MRI 1台

また毎週3回(火・水・金)、聖マリアンナ大学より放射線科医が来院し、画像診断を行っています。

CT
CT
MRI
MRI

特徴

当病院では、「良質であたたかい医療」をめざしており、騒音がうるさいと言われているMRI検査でも静音技術に優れた装置を導入しており、患者様の要望にお応えしています。
CT、MRI検査につきましては、インターネットを利用し聖マリアンナ大学病院との間に「遠隔画像診断システム」を構築しています。
開業医の先生方から依頼された検査および画像診断を迅速におこない、地域医療にも大きく貢献しています。

ページ上部へ戻る